一月二十八日(日曜)

[#1字下げ]一月二十八日(日曜)[#「一月二十八日(日曜)」は中見出し] 昨夜あんなにオールドパアを飲んだのに、今朝は声がとてもいゝので驚いた。ウイのおかげで声が治ることもあるらしい。昼、大満員である。曽我廼家五郎夫妻が見物、これで又ハリキる。「兵隊」の終りに、部屋へ来て、大した賞められ方で恐縮する。大いに菊田を買ってゐた。一人で出て、三直で天ぷらを食ひ、フランコでコーヒーと菓子を食べて座へ帰る。夜亦大満員である。明日演技賞を出すので、文芸部投票させる。ロッパ賞は菊田に出すことに定めた。ハネて、映画の打合せがあったが、ごめんかうむり、馬鹿飲みしたくて、如月敏と石田守衛を連れ、銀座のバア二三軒、意味なく酔って面白し。

[#1字下げ]一月二十九日(月曜)[#「一月二十九日(月曜)」は中見出し] 有楽座千秋楽 静岡大火同情マチネー。 千秋楽。昼は、静岡大火同情マチネー。二千三百何円アガった由。日日を通じて静岡へ送る。三浦環女史挨拶に出て呉れ、つひに歌ひ、僕と組みて踊るといふ大珍景あり。昼終ると、本社へ招ばれて、特賞を貰ふ。ホテ・グリで屋井と食事。座へ帰ると日日の永戸氏、チャップリン行きの原稿翻訳出来持参、サインして、いよ/\アメリカ送りとなる。夜の部亦大満員。ハネて、特賞と演技賞の授与をして、公会堂へプレイガイドに頼まれたオザで行く。それから築地の瓢亭へ、座の新年会で行く、ジョニ・オカの黒をとっといて呉れた。五十円になったとは驚く。菊田にロッパ賞(百円)やったので大恐悦なり。 正月公演演技賞京極子爵賞 高杉妙子 梶原三平 須藤 健 菅富士男親波賞 高杉妙子 梶原三平 悦ちゃん 白川道太郎川口賞 小山田班兵隊十一名ロッパ賞 異例デスガ俳優デナク「兵隊」脚色者ニ 菊田一夫 三浦環女史が楽屋へ見え、母が静岡県出身なので、舞台からお客に礼を言ってもいゝといふので、先づ僕が出て紹介すると、上手から女史が、大変な恰好で出て来る。十六歳位のキイ/\声で挨拶をし、「私に歌へって仰言いますけど」と言ひ出したので、それッと僕が舞台上で拍手すると、客も盛に拍手した。「では、窓辺に寄ればといふ歌」と、伴奏無しで、歌ひ出した。下手寄りにつくねんと立ってゐると、歌ひ乍ら女史はこっちへ寄り、芝居をしかけて来るのだ。よし、そんなら――と、女史の手をとり声だけ出さないオペラを演じた。大受け大拍手。見た者曰く、「三浦さんと並んだ君の姿のスマートだったこと。」

— posted by id at 10:45 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.0049 sec.

http://gundamms.com/